みどりのさかみち

11月生まれを愛する

ここからはじまる、MANIACな夏


「現場」。
その言葉を聞いても、私には遠い未来のハナシだろうなあとなんとなく思っていた。



少しだけ近くに感じられたのは去年の12月。友達に誘われて嵐のライブにお邪魔した(今思えば初現場が嵐って前世でどんな善行したんだお前)。
嵐が見れるー💫やったー💫くらいの軽い気持ちで臨んだんだけど、開演前のドーム内に足を踏み入れた瞬間、心臓の鼓動が身体中に響き渡った。速い。気がつくと、流されるがままに購入したペンライトを握りしめて前だけを見つめてた。会場が暗くなる。始まる嵐コール。かすかに円陣の声が聞こえると、会場は沸き、心臓はかつてないほどの速さで動きはじめる。一瞬の沈黙。光るスポットライト。あ、嵐だ。

そのあとのことは断片的にしか覚えてない。まるで東京ドームだけ世界から切り離されたような、外の世界ははたして今動いているんだろうか、と本気で思った。それくらいライブっていうのは異空間なんだ。




あれから半年以上がたって、私のもとに届いた一通のメール。


「Summer Paradise 2019 抽選結果のお知らせ」


フッ… と、お腹の下のあたりに力が入る。迷惑メールたちを追い払ってもまだ開けなかった。周りに気づかれないように静かに深呼吸して、さあ開くぞ、当選してますように!


ってやっぱ開けねえ〜〜〜!!!



っていうのの繰り返し。それだけ思いが強かったんだよね。春の単独のまぁ当たるっしょ、という謎の自信からの見事な落選を経験してからというもの、どうやらこれは熾烈な競争だぞ、と分かり始めてきた(遅い)。

結局メールを開いたのは1時間後くらい。学校を出て門の前で足を止めて、勢いで開いた。スクロールするとすぐに「当選」の文字が飛び出してきて、一瞬心臓がとまった。じわじわこみ上げる喜びと、高鳴る胸の鼓動、あんまり湧かない実感。あ、わたしSnowManに会えるんだ、事実なのに事実じゃないみたい。

だって、今でもあんまり実感湧いてない。
半年以上前から見つめてた彼らと、同じ空間を味わえるなんて。



けど準備は万端。着てく服は全身黒で担タレだし()、お手紙も書いたし、あの日の嵐のペンライトも持った。
実感なんて後で追いついてくれればいい。胸の高鳴りと一緒に、9人のいる場所に足を踏み入れるんだ。









ツメです。




見事なまでに発色してないけど!ちゃんと塗ったよ!色の名前は「MANIAC」です。なんてタイムリー。なにがマニアックなのかは知らん!



いってきます☀️



舞い上がった9枚の花びらは、光の中へ ー音楽の日2019ー

あの日から半年。

増員という大きな決断を乗り越え、SnowManは節目を迎えたんじゃないかと思う。



音楽の日2019 魂の15分09秒」




今まで先輩たちの後ろで踊っていた彼らは、その先輩たちに見守られて、たしかに「主役」に、そして伝説となった。




息のあったキレのあるダンスを披露した「仮面舞踏会」、
髪に数枚の花びらをのせ、胸のリボンをゆらして美しく"舞い"踊った「ひらりと桜」、
そして、鬼気迫る表情で身体を限界まで追い込んだ腹筋太鼓。
ジャニーズのShow must go onの精神をこれでもかとつめこんだ今回のステージ、任されたSnowManは本当にすごい。任せてくれたタッキー、そしてジャニーさん、時を超えたいろんな人の想いが、今回のこのステージに託されたんだなあと感じました。


本当に語りつくせないくらい素敵なパフォーマンスだったけど、特に印象的だったのは腹筋太鼓が終わった後のいわふか。
本当に苦しそうな表情が、これまでのふたりの軌跡をあらわしてるなぁと思った。どんなに悔しいことも苦しいことも一緒に乗り越えてきた、ふたりの絆、揺るぎない信頼、力強さ、そしてこれからも変わらないであろう夢への強い意志。改めて感じる、いわふかはSnowManの核だ。


9人の晴れ舞台を祝うかのように降ってきた大量の桜の花びらがステージを埋めつくして、曲が始まった瞬間、
「あ、ステージが足りない」と思った。

贔屓目でなく、彼らはもっともっと大きなステージで闘える。
その証拠に決定した2020滝沢歌舞伎ZERO。東京オリンピックで世界中から訪れる人々が、SnowManを知る。SnowManに触れる。考えただけで、今から鳥肌がたつ。

もう彼らにとっては、「デビュー」という枠でさえ小さすぎるんじゃない?


こんなにも現在進行形で夢を叶えている彼らを応援できること、本当に幸せだなぁと感じます。私の誇りだよ。大好きだよ。

これからのSnowManの活躍に、胸の高鳴りがとまりません。彼らならきっと、世界を目指せる。



ー今、舞い上がりたる9枚の花びらたちよ、世界中を駆け巡れー




もっと君を好きになる 2019.6.22 あべさくらじらー


みなさん!あべさくらじらー聴きました!!?わたしは聴きました!
平和にゆる〜く始まったはずなのに中盤で感情の波がやってきて、ついには感情の野郎、荒波でサーフィン始めやがった!終わるころには息も絶え絶えで死ぬかと思ったよ!新手のeスポーツか?ってくらい体力消耗しました!(?)


しんどいポイントは数えきれないほどあるんだけど、特にしんどかったのはやっぱりゆごじゅりの指令でハイテンションになる阿部ちゃん。Twitterのお友達もみんな荒ぶっててカオスだった。あんなに笑ったの久しぶりで本当に楽しくて、それと同時にもっと阿部ちゃんを好きになりました!




指令のあと突然テンションあげみになる"あべべ"。


「じゅったーーーん!!!ゆうごーーー!!!指令ありがとーーー!あーべちゃーんだよーーー!!!💫💫💫」




「どうも。小数点が、好きで、それだけを見て、そのことだけを考えて夢にまで見る、佐久間大介です。」
小数点が好き、とは


「ちょ〜っとなにいってんのかわっかんないね〜〜〜〜〜💫💫💫💫💫」


「あー、はやく分数解きてえー。」


「俺そんなこと言わんわ〜。」



ゲラッゲラ笑いました。たぶん今年イチの笑いだった。会話が噛み合ってなさすぎてすごい化学反応だった。あべさく爆裂。

「小数点」「分数」など、軒並み小学生感満載のワードを使う佐久間さんに限界が来て「そんなこと言わんわー。」と急に声のトーンを低くする"あべべ"、でもまだハイテンションを捨てきれてないのがわかってとても良い。ツボ。このくだりだけでご飯10杯いけます。



ほんとうにここで笑いすぎてそのあとのコーナーの記憶が若干飛んでるんですが、後々振り返って、この場面で阿部ちゃんの新たな一面が知れたな〜って。

私、「阿部ちゃんの努力家なところが好き」ってウン万回言ってるんだけど、「秀才キャラでは終わらないところ」も好きだなあ。サンシャイン阿部のときもそうだったけど、無茶振りされてもいい意味でキャラを気にせず全力で立ち向かえる。向上心が高いんだなって思う。
あれだけ頭が良かったら笑いは背負う必要ないのに、むしろその「頭の良さ」を笑いに変えてる。強いな〜!

ZIPのキテルネ!でもそう。そこで出すか!?的な単語でスタッフさんを困惑させる図、めちゃくちゃ好きです。狙ってちょっと外す、その角度が絶妙。コペルニクス的転回めちゃくちゃ笑った。あとナダル

でもここまでたどり着くまでには葛藤があったのかなって思うと、それさえも愛おしい。私は人間味のあるひとが好きだから、インタビューで過去の悩みを打ち明けるアイドルにものすごく惹かれる。悩んで苦しんで、それでも今ここで笑顔を見せてくれること、きみがいる世界にバンザイって感じです。まあ要するに阿部ちゃん最高。








ほんとはもっと好きなところいっぱいあるんだけど、聞き逃し配信期間が終わってしまったのでもう書き出せません!どんな手段使ってでもいいから録音しとけばよかった!!2019年下半期初の後悔!でもうみげんらじらーもとっても面白いのでヨシとします!!

今回の総評、阿部ちゃんは天才!(チョロヲタ)(げんたくんはやっぱり頭おかしい)(褒めてる)







らじらースタッフ様へ。

動画では気づかない新たな一面が知れる、ラジオの魅力をこの番組を通して知りました。「声」ってステキなものなんですね。もうらじらーのない土曜日はありえません。

最後に、



ゆり待ってま〜〜〜す!!!!!

TravisJapanは幸せの権化


きっかけは忘れたんですけど、
最近TravisJapanが好きです。




初めて見たYouTubeはWANTEDげんちゃん回。
なんで見たのかきっかけは忘れたんですけど(2回目)面白くて、のえるさん秀才…!げんちゃんお顔良い…!という印象。そこからフォロワーさんにおすすめ動画を聞いたりして、どんどん沼にハマっていきました。



とらじゃ幼稚園…少年たち企画
のえるさんの「ただ楽しいだけだな!」っていうツッコミ最高!とらじゃの平和でゆるっとした雰囲気、いいよね。見てるだけで幸せ。
あと、まつくは思ったよりポンコツだね?序盤からルール理解できなくておろおろする姿に聡ちゃんみを感じた。とっつー担でもあるまつく。推せる。いやもうね、まつくになりたいです。(今世紀最大の主張)


チャラサーとらじゃ…質問に答えます
ハーグ!ハーグ!キース!キース!って誰からともなく始まるチャラサ〜!!チャラいのは苦手だけどこの7人なら許せるぅ!
すのはなべふかのチャラサーみで死ぬけど、他のメンバーからその雰囲気は感じられないよね。特に宮舘さんとか。アッ、ラウールは中3だった…。危ない危ない。

ロングコートのげんちゃんとメガネのまつく、嗚呼松松って感じで大好きです。おしゃれ隊長松松のいろんなファッションが見たくて、スキマ時間にRight-onでふたりに似合う服を探してる。いや自分の服探せ。そう、この前Right-on行ってトップス買ったんだけど、まだ着れてなくて…!かわいいのに!着まわしなにそれ?芸人なので、松松のふたりにはぜひともファッション講座を開いてほしい!!
あぁ、私の心の中の阿部ちゃんが「スキマ時間あったら勉強しよう?」って囁いてる…。目が笑ってない…。




コントとらじゃ…親父ギャグかるた
1番好きな回。Wカイトは普通におもしろいし、まつしずはなかなか札がとれなくて不憫萌え&ギャグがわかりやすくていいし←、しめげんは可愛い。面白くないけどかわいい。敵チームのギャグに対して「それめっちゃいいじゃん!」ってケラケラ笑うしめちゃんに恋。そしてのえるくんは園長❤️私服がスーツってどういうことですか園長






そして、恐ろしいほどに11月生まれのジャニーズを好きになってきた私ですが、ここにきて事件が起きた。なんと、なんと、なんと、



吉澤閑也氏に恋をした



いとしずや〜〜💕だって恋するしかなくない!?いつもおふざけ隊長なのにいきなり真剣な表情になったりアイドル発言ブッ放したりお化けにびくともしないサイコっぷりを見せたかと思いきや振り付け担当しちゃうし…!ギャップ!

そして、なんといってもリアコ!!我らSnowManのリアコ帝王深澤さんとタイマンを張れるレベルだと思う。
いちばんキュンとしたのはとらちゅーぶ親父ギャグかるた回。
倒れそうになったまつくにバックハグ(違う)して

「もう喧嘩すんのはやめよう?」


かっこいい…!

敵チームの背中を追いかけつつ、まつくが倒れそうになった瞬間に長い腕でがしっとホールド。あ〜好き!まつくになりたい。
そういえば、ホームランバー野球のときも松松とちゃかの喧嘩をとめてたな。お兄ちゃん感にときめく。争いごとが苦手なんだろうか。はぁ好き。


沼にハマったら例のごとく妄想に耽るんですが、しずやくんにはただただ罵られたいです。
お化け屋敷で悲鳴あげてるところにマジトーンで「そういうのいいから」「ねえまじでやめて?」「うるさいんだけど」とかいって挙げ句の果てには私を置いてひとりで出口に向かってほしい。でも、そのあと拗ねた私を観覧車まで引っ張って「ねーねーごめんねー!」って棒読みで謝ったあと強引にキス!しずやくんチュ💕チュ💕ってやつ好きでしょ!(黙ります)


ちなみに阿部ちゃんには近所のお兄ちゃんとして恋愛相談にのってほしい。なかなか相手と距離が縮まらなくて、「もう諦めた方がいいのかなぁ」って弱音を吐くと「んー、難しいけど、○○がまだ好きなら諦めないほうがいいんじゃない?」って励ましてほしい。
聡くんとは同じ高校の同級生設定でひたすら文化祭の準備に明け暮れたいし、とっつーには髪を乾かしてほしい。雑に。



話がかなり逸れたけど、今回の総評

TravisJapanは幸せの権化。


以上!

SnowManを好きでよかった


SnowMan単独公演、残念ながら参戦はできなかったけど、生配信見ました!!控えめに言って最高!!超超超ハッピーです!!



生配信はMCまでだったけど大大大満足。画質よし音量よし、ライブDVDさながら。9人均等に、見せ場をしっかり映してくれる。カメラさん、本当にありがとうございました…!!
ジェジェにも感謝しかないよ〜!足向けて寝られない!そしてありがとう素能玉雪!


印象に残ったのは言うまでもなく、9人のクオリティ
新体制発表から2ヶ月ちょいしかたってないのに完璧に仕上がってる。正直言ってあまり期待してなかったんだけど、想像の上のそのまた上をゆくハイレベルなパフォーマンスに圧倒された。すごいよSnowMan



1月17日、ファンになって初めての単独公演のお知らせに舞い上がって、その直後に9人体制を知ってどん底に落ちた。あれからいろいろ悩んでこの日を迎えたけど、今言えるのは

SnowManを好きになってよかった」

ということ。
悩んだ日々は無駄じゃなかったと思ってる。こんなにも悩むくらいならもうやめてしまおうか、と思ったこともあった。
けどやめなかったのは、やっぱりSnowManが好きだから。やめたくなかった。

9人体制を応援する、と決めても、不安がないわけじゃなかった。
けどもう大丈夫。むしろ期待で胸がはちきれそうです。




明日から始まる怒涛の地上波ラッシュ。間髪入れずに発表されたさいたまスーパーアリーナ公演。


幸せをありがとう。

9人の未来が明るいものでありますように。

誰に何を言われようと、9人のSnowManを応援したい

初9人のすのちゅーぶ見ました。

https://youtu.be/lt6cKoJN6bI



正直に言うと、違和感はあった。これまでの6人のすのちゅーぶとは明らかに違う空気が流れてた。でも当然のことだと思った。だってもう新生SnowManなんだから。




けどそのあとTLを見て、呆然としてしまった。

マイナスの言葉の嵐。

私のフォロワーさんは比較的9人応援派が多いんだけど、目につくのは拡散されたフォロワー外の人たちのマイナスな言葉。
ツイートからその人のアカウントに行くと、自己紹介欄には「#SnowManは6人」「諦めきれない」、過去のツイートを遡るとやっぱりマイナスな言葉の嵐嵐嵐。
見なきゃいいのに手が止まらない、ついにはその人のフォロワーさんのアカウントにまでお邪魔するしまつ。

こんなことを繰り返してるうちに、分からなくなってきた。




私は本当に新生SnowManを応援できるのだろうか。


本当は応援できないのに、無理やり気持ちを抑えてるんじゃないか。






そっとTwitterを閉じて、もう一度YouTubeを見た。(その間にとらじゃも見た)(とらじゃかわいい)


私の本当の気持ちはなんだろう。
周りのファンのこと、本人たちのこと、脳内にとりついているものを一旦すべて取っ払って、まっさらな心で見た。


進行役を務める阿部ちゃんと、めっちゃイジる向井くん。目を輝かせて南座を見渡すラウール。そんなラウールと並んで廊下を歩くしょっぴー。安定感のあるふっかに、小ボケを拾うひいちゃん。貴族舘様の「楽しみにしとけ」、向井くんにべったりのさっくん、服がかわいい目黒くん。


無意識に楽しんでた。Twitterに溢れてたマイナスな言葉はいつのまにか頭から消えてて、笑顔になってる自分がいた。



なんだ。私、9人のSnowManを好きになろうとしてるじゃん。
…いや、もうけっこう好きじゃん。





考えに考えて、ようやく結論が出た。

私は9人のSnowManを応援したい。

「応援しなきゃ」じゃなくて、「応援したい」。


実は2月中盤には結論出てたかもしれない。いろんなファンの方の意見を聞きすぎて、自分の本当の気持ちが分からなくなってた。
いやあ、ネットって怖いね…ついったー楽しいからやめないけど笑





今は失敗しても行き詰っても、どんどん前に進んでいってほしい。試行錯誤を繰り返してどんどん成長していく9人を見守りたい。




まぁこれはいちファンの意見なので、6人派の方を否定してるわけではありません。みんながみんな同じ方向を向く必要はないと思うので。








来週のすのちゅーぶ、そしてこれからの9人の活躍、楽しみです。誰に何を言われようと、私は9人のSnowManが好きです。


情報局のプロフィール画像が変わった。






3月からだと思ってたから心の準備ができてなかった。世界は思ったより早く回ってた。







なんのためにSnowManのファンをやってんのって聞かれたら、「自分のため」です。
ファンってイコール趣味で、やめたいなと思ったら何の気兼ねもなくやめていいし、それを誰かに責められる権利はない。
ただ自分のためにやってることが「相手」つまりアイドルに直結してるってだけで、あくまで趣味。


だから、こんな辛い思いして、もやもやした思い抱えてまでファン続ける意味あんのかなって、ほんのちょっと、ほんっっの一瞬考えた。はてブロの文字カスタマイズ機能に初めて感謝)




でもやっぱり楽しいことのほうが多いし、こんなときでもみんなの笑顔見たら気分が穏やかになる。だからやめられないんだよね。





趣味だけど?趣味だからこそ?これからもSnowManを好きでいる。

これからもSnowManの笑顔を見たいんだ。




9人が心の底から笑いあえる日が来ますように。
そして私たちファンも笑えますように。